藤掛正隆が主宰するFullDesignレーベル(https://fulldesignrecords.com/)から新作がリリースされていたのでチェック。
メンツを見て買いを決めています。

過去にもいろいろ聴いていますが、いずれも大半が中央線ジャズ好きとしては涎が出てきそうな布陣だと思います。
全貌をしっかり確認しているわけではないので、まだまだおもしろい組み合わせ、作品が隠れているかもしれません。
 片山広明、太田惠資 "K.O."(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a63350019.html )
 トリオねじ×林栄一 "トリオねじ×林栄一"(https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a62373668.html )
 片山広明×石渡明廣×藤掛正隆 "8Seasons"(https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a62310970.html )
 "驢馬駱駝" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a63544529.html )
 トリオねじ×坂田明 "トリオねじ×坂田明"(https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a63566354.html )
 "Trio Edge"(https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64055424.html )
 "Inside or Outside"(https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64294220.html )
 "トリプルエッジ" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/468530050.html )

本作は、加藤一平が入ってきているのがミソで、フリージャズであろうことは容易に想像できるので、どれだけ暴れ、どれだけ過激な演奏が楽しめるかが期待感であります。

メンツは
立花秀輝(As)、加藤一平(G)、藤掛正隆(Ds)

演奏曲は以下の通り、ぜんぶインプロですが、 順番通りに並んでいないところが..^^
1 Improvisation #01
2 Improvisation #03
3 Improvisation #12
4 Improvisation #04
5 Improvisation #02
6 Improvisation #05
7 Improvisation #10
8 Improvisation #11
9 Improvisation #09

音にならない風切り音のような音と高音域にこだわり続けるサックスに、電気処理をたっぷりと施したギター音で、ギュルギュル、キーキーいうようなパート。
ブチブチいうタンギング音に、ギターも細切れな音を重ねていくパルシブなサウンドが溢れるようなパート。
片山ばりに官能的なサウンドを奏でるサックスに幻想的なギターが絡むパート。
ドラムのロックなビートに、サックスが豪快なブローで応酬、ギターはトリッキーなフレーズを突き刺してくるようなパート。
6曲めは、ギターが低音攻めを仕掛けてきて、さながらベース、ドラムを擁したサックストリオの様相で
ゴリゴリの中央線ジャズを聴かせる。
フリーインプロビゼーションのさまざまな側面をこれでもかと詰め込んだような、そんな印象。
ただ、曲順を見ればわかるとおり、聴き続けて飽きさせないよう構成は考えていると思われる。
ノイジー、鋭角的、暴力的で破壊力抜群でありながら、ちょっと繊細な面も見せる、そんなサウンド。
これが聴いていて、爽快感すら感じさせるくらいに格好良くもあり、清々とした演奏を楽しめました。

ベストは、5曲め

"3 points inverted" 3 points inverted (https://www.amazon.co.jp/dp/B084GF5Z8B/ )